fixedImage
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

英語を訳さないで読むコツ

■訳し読みは正しくない

日本人は、リスニングと英会話が苦手とよく言われます。

なぜなら、日本の学校英語でやるのは、ほとんどが、リーディングと英文法の2つだからです。

現在は、センター試験にリスニングが導入されるなど、変わって来てはいますがもうすでに高校を卒業してしまった方には関係ない話ですよね。


一方、リーディングはたっぷりと時間をかけてやっています。

では、日本人はリーディングが得意かと言うと実はそうでもないんです。


学校で、リーディングに時間をかけたはいいのですが、そのやり方が間違っているために、

「ある程度読めると言えば読めるけど、変なクセがある読み方」

になってしまっているのです。


その代表的な例と言えるのが、

「訳し読み」

です。


1文1文、日本語に訳して読んで行く方法ですね。

学校では、授業中に、

「○○さん、次の文を訳してください」

と指示され、試験では、

「下線部を日本語に訳しなさい」

と、やたらと訳すことを求められます。


しかし、これはあくまで、

「日本語に訳させることで、生徒が理解しているかどうかをチェックする」

ことが目的であり、

「日本語に訳して読むことが良い方法だから」

ではないのです。

■英語がわかる人はわざわざ日本語で考えない

現に、英語がわかっている人は、わざわざ日本語に訳してなんか読んでいません英語は英語のまま読んでいます。

多くの人が

「読める=訳せる」

と勘違いしていますが、読めることと訳せることは別の話です。


なので、英語ができる人でも、通訳や翻訳者でない限り、「日本語に訳して」といきなり言われても、

「え? 日本語で? んー、日本語でどうかなんて考えたことなかったからなぁ」

と即答できないものなのです。


私自身、通訳学校に2年間通い、アマチュアコースを修了し、プロとして仕事を紹介してもらえる資格だけはもらったことがあるので、

「読める=訳す ではない」

ということは身をもって実感しています。


何も、「まったく日本語で考えずに読め」と言っているのではありません。

単語単位や熟語単位であれば、最初のうちは、日本語に訳すことは仕方がないかと思います。


しかし、文単位で、綺麗な日本語に訳す、学校の授業のような読み方は絶対に避けるべきです。

■文単位で日本語に訳すのはやめるべき


例えば、

The dog I saw yesterday reminded me of the dog I had when I was a child.

「犬、私は見た、昨日、思い出させた、私に、犬を、私が飼っていた、私が子どもの頃」

とする程度なら、まだいいです。
(将来的にはやめるべきですが)


でも、きっちりと、

「私が昨日見た犬は私が子どもの頃飼っていた犬を思い出させた」

と、「文単位」で、綺麗な日本語に訳すのはやめるべきです。


まず第1に、日本語に訳すという余計な作業のためにムダな労力を使います。

確かに、日本語を用いないとわからない単語もあると思います。しかし、dogだとか、yesterdayだとかは、日本語で「犬」「昨日」としなくても、わかるはずです。

文単位だと、すべての単語を日本語に訳すので、日本語に訳すのは労力と時間のムダです。


第2に、文単位で日本語にして読むと何回も読み返すことになります。

↑の「reminded」と「思い出させた」の位置の違いでもわかりますが、英語と日本語ではまったく語順が違います。


なので、英語を日本語の語順で読もうとすると、何回も読み返すことになってしまいます。


そして、最後に、酷い場合、英語ではなく、まるで日本語の勉強のようになってしまいます。

例えば、

「remindedは、"思い出させた"かな? "思い起こさせた"かな?」

なんて、英語とは関係ない、日本語の次元で悩んでしまう人がいますが、これは、完全に労力と時間のムダです。

■意味をつなげて読むのも良い方法ではない

ここまでの話を聞いて、

「なるほど、日本語に訳すのは、欠点がいろいろあるんだな」

と思って方も多いと思いますが、

「そうだね。でもそれは知ってましたよ」

という方もいらっしゃると思います。


訳し読みの非効率性はけっこう知られており、別の方法で読んでいる方も多いのです。

多くの人が取る方法は、

「時には変な日本語になってもいいから、先頭から、意味をつなげて読む」

という方法です。


つまり、

「犬、私は見た、昨日、思い出させた、私に、犬を、私が飼っていた、私が子どもの頃」

というような方法ですね。


↑の例は日本語に訳していますが、dogやyesterdayなど簡単な英語は日本語に訳さない人も多いでしょう。


しかし、こうやって、意味をつなげて読むだけの方法もまた間違いなのです。

短い文や複雑じゃない文であれば、この方法でも読めます。

しかし、これが長い文、複雑な文になるとどうでしょうか?


例えば、一昨日、別の無料メルマガThe English Timesで解説させていただいた

Japan's gross domestic product grew at an annualized 0.4 percent, far below the annualized 4.4 percent expansion in the first quarter and adding to evidence the global recovery is facing strong head winds, the government said Monday.

を、その方法で読むことができるでしょうか?


単語や熟語を解説しておくと、

・gross domestic product [名] GDP、国内総生産

・grow [1V] 成長する

・annualize [3V] 年率換算する

・far [副] はるかに、遠く [形] 遠い

・below [前] 〜の下

・expansion [C, U] 拡大、成長

・add [1V, 3V] 加える

・evidence [U] 証拠

・global [形] 世界的な

・recovery [U] 回復

・face [3V] 直面する [C] 顔

・head wind [C] 向かい風

・government [C] 政府

となります。


これを踏まえた上でも、

先頭から意味をつなげて読む方法で、
「すーっと意味がわかる」という人はかなり少ないはずです。


意味は、

「日本の国内総生産は年率換算0.4%成長し、第1四半期の4.4%をはるかに下回り、世界的な回復が強い向かい風に直面していると言う証拠に加わることとなったと、政府は月曜日発表した」

という意味ですが、

「証拠に加わり、世界的な回復が強い向かい風に直面している」

とか

「成長して、年率換算すると0.4%になった」

とか、間違ったとらえてしまった方も多いはずです。


意味をつなげるだけの方法の欠点は、文の構造をほとんど無視してしまっている点です。

日本語であれば、日本人にとって母国語ですから、感覚で使えます。

なので、読んでいる際に、「この文はどういう構造になっているか?」は意識することはありません。


しかし、英語はわれわれに取って母国語ではありません。

なので、「構造を意識しないで読める力」というものがないのです。

将来的には訓練すればそれは身に付きますが、それを身に付けるためには、まずは構造を意識した読み方をする必要があります


英語を読むのには、「着目すべきポイント」というものがあります。

例えば、

The man accused

と来たら、わかっている人は、次に名詞が来るかどうかに着目しています。


The man accused Jack

と名詞が来たら、「男はジャックを非難した」という意味

The man accused of lying

と名詞以外のものが来たら、「ウソをついたと非難された男」という意味

と、わかるのです。


それがわかっていないと、

「男はウソをついたと非難した」

とか、まったく違う意味にとらえてしまい、勘違いしてしまうのです。


英語を正しく読むためには、この着目ポイントを知り、それを使って読む方法を練習することが大切です。

訳し読みは間違っていますし、これは知っている方も多いかと多いと思います。

しかし、「意味をつなげて読む」方法はその解決方法ではないのです。

■リーディングを鍛えたい方は

以上が今回のお話になります。


・着目ポイントを知る
・それを使って練習する

これをやっていただけるのが、

「英語真っすぐリーディング講座」

がオススメになります。


「日本語に訳して読んでいる」
「適当に意味をつなげて読んでいるだけ」
「読むのが遅くて…」
「長い文、複雑な文が苦手」

という方にオススメです。

詳しくは↓をご覧下さいませ。無料サンプルも公開しております。
「英語真っすぐリーディング講座」


長文最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今後とも英語学習がんばって行きましょう!



無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る