fixedImage
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

英語の返り読みを減らす方法

■そこまで日本人はリーディングが得意じゃない

日本人はよく、「リスニングが苦手」と言われますが、それを逆手に取って、「リーディングは得意」

と解釈されることもありますが、実はそんなことはありません。


仮にリーディングが得意だったら、世界で英語力110位にランクインしたりはしません。(TOEFL調べ)


リーディングは確かに、学校でやります。

しかし、その学び方が間違っているために、逆に、変なクセがついてしまって、マイナスにもなっています。

まっさらで変なクセがついていないリスニングの方が意外と伸びたりして、TOEICでリスニングに偏っている人が意外と多いのも、これが一因です。


変なクセの代表例が、

「日本語にきっちり訳して読む」

という方法。


学校では、1文1文、日本語に訳して読む方法を習うことが多いのですが、これでは、スピードが遅すぎます。

有名な話なので、簡単に書きますが、英語と日本語の語順は全然違うので、日本語の語順で英語を読もうとすると、何回も同じ英文を読み返すことになり、時間がかかるのです。


さらに、「英語を英語のまま理解できるようにならない」と言うデメリットもあります。

■意味をつなげる方法もダメ

日本語にきっちり訳して読む方法がダメなのは有名な話。

そして、その解決法として多くの人が行うのが、文頭から、返り読みせずに、単語の意味をくっつけて読む方法です。

例えば、

I think that this project is going to be a great success.

は、従来の学校の読み方だと、

「私はこの計画は素晴らしい成功になると思います」

と訳して読みますが、そうではなく、

「私は思う、この計画は、だろうと、素晴らしい成功」

と読むわけです。


要するに、語順はめちゃめちゃでも、日本語にして、意味をくっつけるわけです。

中には、Iやthinkなど、簡単な言葉はわざわざ訳さず、部分的に訳している方もいらっしゃると思います。


簡単な文であれば、これでもいいのですが、長い文、複雑な文になると読めなくなってしまいます。

■具体例を見てみましょう

例えば、↓の英文、ただ単に意味をつなげただけでは読めないと思います。

The decision to indict the political heavyweight came after the 11-member Tokyo No. 5 Committee for the Inquest of Prosecution concluded in April that Ozawa should be charged over political funds reports for 2004 and 2005 that were allegedly falsified by Rikuzankai, his fund management body.


「知らない単語があるから」と思うかもしれませんが、↓の単語解説を見たとしても、すらすら読める人は少ないはずです。

・indict [1V, 3V] 起訴する

・heavyweight [C] 重要人物

・Tokyo No. 5 Committee for the Inquest of Prosecution
 [名] 東京第五検察審査会

・conclude [3V] 結論付ける

・charge [3V] 起訴する、請求する、充電する

・allegedly [副] 伝えられるところでは

・falsify [3V] 虚偽記載する、偽造する

・report [C] 報告書

・fund [C] 資金、基金

・management [U] 管理

・body [C] 団体、身体


単語解説を読む前にスラスラと読み返すことなく読めた方はもちろん、単語解説を読んだ後でも、スラスラと読み返すことなく読めたのなら、かなり力があると言えます。


しかし、残念ながら、どちらかというと、

・わかったことはわかったが、何回も読み返さないといけなかった
・何回か読み返してもわからなかった

という方の方が多いはずです。


ちなみに、意味としては、

「11人から構成される東京第五検察審査会は4月に、小沢氏は、彼の資金管理団体、陸山会によって虚偽記載されたとされている、2004年、2005年の政治資金報告書を巡って、起訴されるべきだと結論付け、さらに今回も、大物政治家を起訴するという結論になった」

という意味です。

※:ここで問題としているのは、"意味"を理解できたかです。日本語として不自然であっても、意味が合っていればOKです。

■構造を無視するとつなぎ目がわからない

ではなぜ、単語の解説を見ても読めないのか?

それは、ただ単に意味をつなげて読んでいるだけでは、

「構造を無視しているため、つなぎ目がわからなくなってしまうから」

です。


例えば、

「検察審査会の後に来た結論は」
「結論は大物政治家を起訴する」
「大物政治家が来た」
「政治資金報告書が陸山会によって改ざんされたようだと結論付けた」
「それが改ざんされたようだ」

とか、誤った解釈をしたりしてませんか?


英語と日本語は別の言語です。

もちろん、単語も違いますが、構造も違うんです。それなのに、意味の面だけに注目していたのでは、つなぎ目を間違ってしまいます。


例えば、今回thatという単語が複数回出て来ていますが、これはそれぞれ別の機能を果たしています。

もう1回英文を掲載しておくと

The decision to indict the political heavyweight came after the 11-member Tokyo No. 5 Committee for the Inquest of Prosecution concluded in April that Ozawa should be charged over political funds reports for 2004 and 2005 that were allegedly falsified by Rikuzankai, his fund management body.

ですが、これの、that Ozawa...のthatは従属接続詞で、concludeの内容を示す名詞を作ると言う機能を話しています。

つまり、結論の内容を

that Ozawa should be charged over political funds reports for 2004 and 2005

とまとめているわけです。


一方、that were allegedly...のthatは関係代名詞で、reportsを修飾する形容詞の役割を果たしています。

つまり、reportsが

that were allegedly falsified by Rikuzankai, his fund management body

という性質を持っている、と説明しているのです。


こういった、機能の面にもちゃんと着目しないと、長い文、複雑な文は読めないのです。

■短い文だって読めないことも…

↑の英文は、長い文でしたが、短い文でも、構造に着目しないと、間違った解釈をしてしまうことがよくあります。

To make friends, it is important to be nice.

これを、

「友達を作ること、それは親切になるために重要だ」
「友達を作ること、それは親切になるということで、重要だ」

とか間違った解釈をしてませんか?


I'm going to ask him if he will come here.

これを、

「もし彼がここに来たら、彼に聞いてみるよ」

とか間違った解釈をしていませんか?


いずれも、意味だけをつなげて読んでいて、構造、機能を無視しているために起こることです。

上記の文はそれぞれ、

「友達を作るためには、親切であることが重要だ」
「彼がここに来るかどうか彼に聞いてみる」

という意味になります。


構造、機能をちゃんと見ている人には、とても簡単な文なのですが、ただ単に、単語をつなげて読んでいる人にとっては、たとえ、1万語知っていても、むずかしい英文になってしまうのです。

■構造、機能に着目した読み方を

以上が今回のお話になります。

「単語をつなげて、適当に読めばいい」

と思っている方が多いですが、それでは、長い文、複雑な文、場合によっては、短い簡単な文だって読めなかったりします。

そうではなく、構造を意識した、正しい読み方を身に付ける必要があります。


その正しい読み方を身につけたい方には、

「英語真っすぐリーディング講座」

がオススメになります。


「日本語に訳して読んでいる」
「適当に意味をつなげて読んでいるだけ」
「読むのが遅くて…」
「長い文、複雑な文が苦手」

という方にオススメです。


ネイティヴの音声もついていますし、わからないところがあったら、制作者である私に直接メールでご質問いただけます。

詳しくは↓をご覧下さいませ。無料サンプルも公開しております。
「英語真っすぐリーディング講座」


長文最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今後とも英語学習がんばって行きましょう!



無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る