fixedImage
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

英語を日本語に訳さない方法

「英語を日本語に訳さない方法」

■日本語に訳して読む読み方

日本の学校では、英語は日本語に訳して読むように習います。

授業で、

「○○さん、次の文を日本語に訳してください」

と当てられたり、

試験で、

「下線部を日本語に訳しなさい」

という問題が良く出ますよね。


しかし、あれは、「日本語に訳して読むのが正しい読み方ですよ」という意味ではないのです。

あくまで、

「日本語に訳させれば、生徒が英語を理解しているかどうかチェックできる」

というチェック手段に過ぎないのです。


どちらかと言うと、英語をわざわざ日本語に訳して理解するのは間違った方法です。

現に、英語ができる人は翻訳者や通訳でなければ、

「日本語ならどうなるか?」

は考えておらず、英語のまま理解しています。


なので、逆に、「日本語だとどういう意味?」と聞かれても、「え? 日本語で? 考えてないからなぁ?」と困ってしまう物なのです。


翻訳や通訳者でもなければ、英語を読んだり、聞いたりする目的は、

「その英語の内容を理解すること」

です。

「日本語に訳すこと」は理解する手段にはなり得ても、目的ではないのです。


従って、英語の内容を理解できるのであれば、あえて日本語にする必要はないのです。

■最初から全面排除は無理

しかし、そうは言っても、いきなり、

「日本語は使わずに、英語のまま考えてください」

と言っても、なかなかむずかしいですよね。


それに、場合によっては日本語を使うことが理解の助けになることもあります。

なので、いきなり日本語を全面排除する必要もありませんし、上級者でない限り、それはむずかしい話です。

■リーディングでの日本語の使い方


ただ、そうは言っても、ある程度対策はすべきです。

具体的に言うと、リーディング面では、

・英語のままわかるのなら、あえて日本語に訳さない
・わからないのなら日本語に訳してかまわないが、語順は英語のまま読む
・「projectは計画? 企画?」というように日本語の勉強を始めない
・意味だけじゃなく、ちゃんと構造にも着目する

主に、この4点に注意する必要があります。

まず1点目、

「英語のままわかるのなら、あえて日本語に訳さない」

ですが、

I like dogs.

みたいな文だったら、あえて、「私は犬が好きです」と日本語にしなくても、英語のまま意味がわかる人が多いはずです。

また、

I consider it important to be objective.

みたいに、英語のままわからない文でも、(英語のままわかる人もいるかと思いますが、仮に分からなかった場合)Iだけだったら、「私は」としなくてもIのままでわかるはずです。

※:意味は「私は客観的になることが重要だと思う」

なので、文レベルでも、単語レベルでも、英語のままわかるのでしたら、あえて訳すということはやめるべきです。

目的の「英語の内容を理解すること」は達成できているのですから、それ以上に何かをするのはムダな労力ということになります。


2つ目の注意点、

「わからないのなら日本語に訳してかまわないが、語順は英語のまま読む」

は知っている方が多いかと思います。

日本語と英語では語順が違います。

例えば、

I think that this project will succeed.
「私はこの企画は成功すると思います」

では、英語ではthinkは2語目なのに、日本語の「思います」は最後です。


それなのに、英語を読む際に1文1文日本語に綺麗に訳していたら、何回も同じ英文を読み直す、いわゆる「返り読み」をしてしまいます。

英語のまま理解できないのなら、日本語に訳すことは問題ありません。

でも、語順は、英語のまま、

「私は思います、この企画は成功すると」

のように、読むべきです。


繰り返しになりますが、目的は「英語の内容を理解すること」であり、「綺麗な日本語にすること」ではありません。


3つ目の注意点。

「"projectは計画? 企画?"というように日本語の勉強を始めない」

ですが、これは意外とやってしまっている方が多いのです。

英語と日本語は別の言語である以上、必ずしも、1対1で対応しているわけではありません。

例えば、projectに対しては、辞書を引くと、「計画、企画」などが載っています。

つまり、projectをピタリと1語で表す言葉はないわけです。

なので、projectは計画でもなく、企画でもない。projectはprojectであり、日本語で1語で表せるわけではないのです。

ある文脈では、計画が当てはまったり、また別の文脈では、企画が当てはまったり。

要するに、projectを企画とするか計画とするかは、日本語の都合でしかないのです。

runのように、「走る」「経営する」と、全然違う意味の単語の場合は別ですが、企画・計画のような基本的に同じような意味の場面で、

「んー、このprojectは企画かなぁ? それとも計画かなぁ」

と悩んだりは絶対にするべきではありません。

翻訳者や通訳であれば話は別ですが、そうでなければ、これではただの日本語の勉強になってしまいます。


そして、最後の注意点。

「意味だけじゃなく、ちゃんと構造にも着目する」

リーディングの目的は、「書いてある英語の意味を理解すること」ですが、最初から意味だけに注目していると、その意味を間違えてしまう、という皮肉な結果になってしまうことがあります。


例えば、

The man accused of lying has been telling the truth for the whole time.

という文。


英語のままではわからないので、日本語に訳す。それは問題ありません。

ただ、日本語だけで考えて、

the man→男は
accused→非難した

と単純に意味をつなげるだけで読むのは問題です。


それでは、「構造」を無視してしまっていて、肝心の意味を取り違えてしまいます。

この文は、

「ウソをついたと非難された男はずーっと真実を言っていた」

という意味。

男は「非難した」のではなく、「非難された」のです。


これは、「accusedの後ろに名詞がない」と構造にちゃんと着目していれば、(そしてなおかつ英文法の知識があれば)理解できることです。

「英語でわからなかったから、日本語に訳す」

それはいいのですが、ただ単に日本語訳に頼るのではなく、ちゃんと構造面もチェックすることを忘れないでください。

■正しい読み方を身に付けるには

以上が今回のお話になります。


日本語で理解してしまっている方も多いかと思いますし、それは必ずしも間違いではありません。

しかし、いくつか注意しなければならない点がありますので、その点はしっかりと注意する必要があります。


今回4点目でお話させていただいた構造面での知識、着目ポイントなど、正しい読み方を学びたい方は、冒頭でお話させていただいた、

「英語真っすぐリーディング講座」

がオススメになります。


「本講座や英検対策のおかげもあって、英検準1級の1次試験合格しました! しかも、前回の42点に比べ一気に点数が69点まで伸びての合格です」

と嬉しいご感想をいただいている講座でして、


「日本語に訳して読んでいる」
「適当に意味をつなげて読んでいるだけ」
「読むのが遅くて…」
「長い文、複雑な文が苦手」

という方にオススメです。


ネイティヴの音声もついていますし、わからないところがあったら、制作者である私に直接メールでご質問いただけます。

詳しくは↓をご覧下さいませ。無料サンプルも公開しております。
「英語真っすぐリーディング講座」


長文最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今後とも英語学習がんばって行きましょう!



無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る