fixedImage
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

英語リーディングの主語と動詞の見分け方

「英語リーディングの主語と動詞の見分け方」

■読む際は「誰が何をしたか」をチェックする

これはよくお話させていただくことですが、

「英文法を学ぶ目的は、何が主語(S)か、何が動詞(V)かなどを把握すること。つまり、"誰が、何をしたか"を把握すること」

になります。


I bought this book.

みたいな単純な文だったら、そんなことを意識しなくても、簡単に読めてしまうかもしれません。

しかし、複雑になると、わからなくなってしまいます。例として、

The man accused of lying has been telling the truth for the whole time.

で、the manをS、accusedをVとして、「男は非難した」と間違って解釈してしまう例をお話ししました。


正しくは、

the man accused of lyingがS
has been tellingがV

という形で、

「ウソをついていると非難された男はずーっと真実を語っていた」

という意味。男は非難した方ではなく、非難された方だったのです。


The salesman you talked about came to my office.

も、the salesman youがS、talked aboutがV、で「セールスマンとあなたが話をした」「セールスマンのあなたが話をした」ではなく、

the salesman you talked aboutがSで
cameがV

「あなたが話していたセールスマンがうちのオフィスに来た」

という意味なのです。


このように、英文の意味を正しく把握するためには、SやVの把握が必要不可欠であり、そのためには、

・英文法を正しい方法で学び、理解する必要がある
・その英文法を正しく使って読む方法を身に付ける必要がある

と言えるのです。

■修飾という考え方

しかし、なぜ、「誰が何をしたか?」という単純なことがこれほど読み取りづらいのでしょう?

それは、修飾語が一杯ついているからです。


英語に限ったことではありませんが、言語では「修飾」という現象が起きます。

例えば、

rice(お米)

という名詞があります。


これに、delicious(美味しい)という形容詞をつけて、修飾させます。

すると、

delicious rice
「美味しいお米」

となります。


修飾というのは、例えて言うと、人が服を着るようなものです。

riceは人間。
deliciousはジャケット。

人がジャケットを着たようなものです。

人間の横にジャケットが置いてあったら、「1人の人間と1つのジャケットがある」と言うでしょう。

deliciousとriceがくっつく前は、「1つの形容詞と1つの名詞」です。


しかし、人間がジャケットを着ていたらどうでしょう?

わざわざ「1人の人間と1つのジャケット」とは言いませんよね? ジャケットはその人の装備品であり、その人の一部です。

なので、ジャケットを着てしまったら、それは「1人の人間」でしかありませんせいぜい、「ジャケットを着た1人の人間」です。


それと同じように、delicious riceとくっついてしまったら、形容詞deliciousはriceの装備品なので、「1つの名詞」でしかないのです。


これが修飾語という考え方です。

例えば、

Rice is expensive.
「お米は高い」

のSはriceですが、

Delicious rice is expensive.

のSはdelicious rice。しかし、あくまで本体はriceであり、deliciousはその装備品でしかないのです

■修飾語をかき分けろ

Rice is expensive.

Delicious rice is expensive.

となったぐらいじゃ、「どれがSでどれがVかわからなくなってしまう」という
ことは少ないと思います。


しかし、修飾語というのは、いろいろな場所にいろいろな方法でくっつきます。

例えば、先ほどの、

The man accused of lying has been telling the truth for the whole time.

という文。


もともとは、

The man has been telling the truth.

という文でした。


ところが、the manに、accused of lyingという形容詞をつけたので、

The man accused of lying has been telling the truth.

となったのです。
(さらに、for the whole timeも追加されています)


「名詞に形容詞がついた」という点では、

rice→delicious rice

the man→the man accused of lying

はまったく同じなのです。


しかし、delicious riceの場合は、多くの人がdeliciousは修飾語で、Sの一部に過ぎないと見抜けるのに対して、

the man accused of lyingの場合、accused of lyingは修飾語だと見抜けず、Vと勘違いしてしまうのです。


The salesman you talked about came to my office.

も同様です。

the salesmanにyou talked aboutという形容詞がついている。

「名詞に形容詞がついた」という点では、

rice→delicious rice

the salesman→the salesman you talked about

はまったく同じなのです。


このように、本来の骨格は、the manやthe salesmanという簡単な単語なのに、修飾語が大量に、いろいろな方法でつくので、骨格が見えなくなってしまい、

どれがSなのか?
どれがVなのか?

がわからなくなってしまうわけです。


これを解消するには、

「"SやVなど、骨格を成すもの"と、"修飾語"を見分けて、修飾語をかき分けながら、SやVなどの骨格を探す」

という方法を取得する必要があります。


それには、

・そもそも見分けるための英文法の知識
・見分ける方法を知り、それを練習すること

が必要になります。

■正しい読み方を身に付けるには

以上が今回のお話になります。


英語が読めない原因は実は、非常に単純で、

「誰が何をしたのか?」

という基本的な情報を得られていないことにあります。


そして、それを解消するためには、

「英文法を学び、その知識を活かした読み方を知り、それを練習する」

ということが必要になります。


こういった面で、リーディング力を高めたい方は、

「英語真っすぐリーディング講座」

がオススメになります。


「本講座や英検対策のおかげもあって、英検準1級の1次試験合格しました! しかも、前回の42点に比べ一気に点数が69点まで伸びての合格です」

と嬉しいご感想をいただいている講座でして、


「日本語に訳して読んでいる」
「適当に意味をつなげて読んでいるだけ」
「読むのが遅くて…」
「長い文、複雑な文が苦手」

という方にオススメです。


ネイティヴの音声もついていますし、わからないところがあったら、制作者である私に直接メールでご質問いただけます。

詳しくは↓をご覧下さいませ。無料サンプルも公開しております。
「英語真っすぐリーディング講座」


長文最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今後とも英語学習がんばって行きましょう!



無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る