fixedImage
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

英語リーディングに英文法は必要不可欠

「英語リーディングに英文法は必要不可欠」

■リーディングは応用スキル

これはよくお話させていただくことですが、英語の基礎は、

語彙、英文法、リスニング

の3つであり、それ以外は応用になります。


リーディングも応用スキルの1つでして、リスニングこそ関係ないものの、語彙と英文法の2つの応用スキルです。


「リーディングができるようになりたいから、ひたすら英語を読めば良い」

と考えるのは間違い。

それは、語彙と英文法ができていることが前提であり、語彙と英文法ができていないのに、リーディングばかりやっても、非効率なのです。

現に私が、英語が苦手だった時代(通信簿2(5段階)、偏差値30)、ひたすら英語を読みましたが、点数は伸びるどころか逆に落ちてしまいました。

その後、語彙と英文法からやり直したところ、一気に力がつき、今では、TOEIC 990(満点)、英検1級を取るまでに至りました。


リーディングにおいて、語彙が弱ければ、知らない単語、熟語ばかりで、意味がわかりません。

英文法が弱ければ、

「知ってる単語と熟語なのに、文全体の意味がわからない」
「長い文、複雑な文になるととたんに理解度が落ちる」
「何度も文を読み直してしまう」

という症状が出て来ます。


どちらもリーディングに必要な力であり、この2つがなければ、リーディングはできないのです。

■リーディングのプロセス

具体的に、リーディング力を高めるためのプロセスは以下のようになります。

1、語彙と英文法を身に付ける

2、身につけた英文法の知識を使って、英語の正しい読み方を知る

3、実戦練習を積み、「2つの認識スピード」を上げる


どのぐらいのレベルを「英語が読める」と言うのかは人によって違い、絶対的な指標はありませんが、

少なくとも、1はクリアしないと「読める」とは言えないでしょう。

1をクリアすれば、読むスピードや読み返しの頻度の高さに問題はありますが、「何回読んでもわからない」ということはかなり減ってくるはずです。


2をクリアすれば、私としては一般的には「英語を読める」と言えると思います。

車の運転で言えば、間違いなく免許書は取っているレベルで、「あとは、運転をして慣れるだけ」と言えます。

■プロセス2:正しい読み方を知る

語彙と英文法を身に付ける、に関しては、語彙や英文法の話になるので、今回はプロセス2と3をお話しします。

プロセス2は「英文法の知識を使って、正しい読み方を知る」レベル。

英文法の知識を身に付ければ、

The man accused of lying has been telling the truth for the whole time.

のaccusedを「非難した」と誤解してしまうことはないはずです。
(正しくは「非難された」)


ただ、英文法の知識だけでは、最初っからそれに気づけるとは限りません。

最初からそう気づけるかもしれませんが、最初は「非難した」と読んだけど、それだと文法的におかしいので、「非難された」だと気づく。

というように、気づくスピードに課題が残ることが多いです。


プロセス2では、身につけた英文法の知識を活かして、

「accusedの後ろに名詞が来るかに注目。名詞が来たら、"非難した"という意味だし、来なかったら"非難された"」

というように、「リーディングの際にどこに注目して読めばいいのか」という「読み方」を身につけます。


こういう「着目点」を知っておけば、瞬時に判断することができ、スピードがグーッと上がり、読み返す頻度も下がって来ます。

ただし、このプロセスは英文法の知識がないとできません。

現に、

「accusedの後ろに名詞が来るかに注目。名詞が来たら、"非難した"という意味だし、来なかったら"非難された"」

と言っても、英文法の知識がない人だと、

「なんでそうなるの?」

と理解できないはずです。


必ずしも、「英文法を学ぶ」→「学び終わったらプロセス2」というように、順番にやらなければならないわけではなく、

私の講座「英語真っすぐリーディング講座」

のように、英文法を学びつつ、正しい読み方を知る、というように同時並行は可能です。


しかし、英文法を同時並行ですらやることなく正しい読み方を知るのは不可能であると言えます。

■プロセス3:認識スピードを上げる

プロセス2ができれば、私としては「英語が読める」と言えるレベルだと思います。

ただ、日本語に例えて言うと、このレベルは、

「日本人なので、読めば意味はわかるが、普段、本を読まず、本を読むのが遅い人」

のレベルです。

なので、まだ向上の余地があります。


ここから何を上げるのか?

というと、「2つの認識スピード」です。


1つ目の認識スピードは、語彙の認識スピード。

例えば、the presidentと言う単語を見て、「社長、大統領という意味だ」と意味を知っている方は多いと思います。

しかし、単語を見て、その意味を認識するまでのスピードには個人差があります。
(意味は必ずしも日本語で出す必要はなく、英語のままわかった方がベター)

ほんの一瞬のことなのでわかりづらいですが、同じ「意味が取れる」でも、見るのとほぼ同時に意味がポンと入ってくる場合と、ほんの少しであっても間があってから意味が入ってくる場合があります。

特に、普段目にしない単語だと、

「えーと、この単語は…。あー、こういう意味だった」

と、はっきりと「時間がかかってる」ことがわかるレベルのこともあります。


2つ目の認識スピードは、英文法の認識スピード。

先ほど、accusedが「非難した」ではなく、「非難された」だとお話ししましたが、それをどれだけ早く認識できるか。

速い人なら、「accusedの後ろに名詞がない」と無意識のうちに判断して、それが一瞬で気づかないほど速いですが、

「えーと、あ、名詞がないから、"非難された"だ」

と遅れる人もいます。


この認識スピードというのは、純粋な能力です。

なので、リスニングと同様に、とにかく量をこなすしかありません。とにかく、読んで読んで読みまくり、スピード能力を上げるしかありません。


ただ、このトレーニングが有効なのは、プロセス2までを終えた人に限ります。

読み方がわからないまま読みまくってもあまり役に立ちません。これは、私が英語が苦手な時代に痛感したことです。

■正しい読み方を身に付けるには

以上が今回のお話になります。


多くの人にとって、リーディングというと、プロセス3の「読みまくる」を想像したかもしれませんが、それは、あくまで最後の段階。

1、語彙と英文法を身に付ける
2、正しい読み方を身に付ける

この2つ。
特にプロセス1は非常に大切です。


英文法を学びつつ、正しい読み方を身につけたい方は、

「英語真っすぐリーディング講座」

がオススメになります。


「本講座や英検対策のおかげもあって、英検準1級の1次試験合格しました! しかも、前回の42点に比べ一気に点数が69点まで伸びての合格です」

と嬉しいご感想をいただいている講座でして、


「日本語に訳して読んでいる」
「適当に意味をつなげて読んでいるだけ」
「読むのが遅くて…」
「長い文、複雑な文が苦手」

という方にオススメです。


ネイティヴの音声もついていますし、わからないところがあったら、制作者である私に直接メールでご質問いただけます。

詳しくは↓をご覧下さいませ。無料サンプルも公開しております。
「英語真っすぐリーディング講座」


長文最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今後とも英語学習がんばって行きましょう!



無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る