fixedImage
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

英語の無生物主語の日本語への訳し方はムダ

「英語の無生物主語の日本語への訳し方はムダ」

■英語と日本語は別の言語

こう言ってしまうと、至極当たり前の話になってしまいますが、英語と日本語は別の言語です。

そのため、英語には日本語にない表現もありますし、逆に、日本語には英語にない表現もあります。


先日、ノーベル平和賞を受賞したケニア出身の環境保護活動家の、ワンガリ・マータイさんがお亡くなりになったというニュースが流れましたが、マータイさんは、「もったいない」という言葉をよく使っておられました。

「もったいない」という意味の英単語、というのではなく、日本語の「もったいない」をmottainaiとそのまま使っていました。


これは、「もったいない」というニュアンスを持った表現が、ほかに見当たらなかったためです。

辞書を引くとwastefulとか出てたりしますが、ニュアンスが違い、どちらかと言うと「ムダ」という方が近いかもしれません。


このように、日本語、英語に限らず、言語が2つあれば、

「言語Aにはあるけど、言語Bにはない表現」
「言語Bにはあるけど、言語Aにはない表現」

というものが存在します。


私のアメリカ人の友人で、少し日本語を話せる人がいるのですが、彼が言うには、

・もったいない
・しょうがない
・どうも

も英語にはない表現で、とても便利だそうです。

■英語にはあって、日本語にはない表現

「もったいない」「しょうがない」のように、日本語にはあっても、英語には表現があるように、英語には日本語にない表現もあります。

例えば、

His beard makes him look older.

という表現。

直訳すると、

「ひげが彼を年上に見せる」

となりますが、日本語ではこういう言い方はしません。

日本語では、

「ひげのせいで、彼は年上に見える」

と表現します。


「ひげが彼を年上に見せる」でも意味はわかりますが、純粋に日本語ではこうは言わない、日本語にはこういう表現方法はないのです。

■日本語に訳して逃げている?

しかし、日本の英語教育は、英語を日本語に訳して理解するように教えます。

そのため、

His beard makes him look older.

のように、「人間じゃないものを主語にする」英語の表現を、「無生物主語」と呼び、

「主語を原因のように訳すようにすれば自然な日本語になる」

というように、訳し方を教えます。


・通訳や翻訳者を目指している
・和訳問題が出題される試験を受ける(大学入試、大学院入試など)

というのであれば、こういったテクニックも身に付ける必要があるでしょう。

通訳や翻訳者は、英語を理解できるだけでは不十分。日本語に訳せるだけでも不十分。

「意味がわかればいい」ではなく、自然な日本語にする必要があります。


和訳問題に関しても、採点官によっては、「英語を理解しているかどうか」だけではなく、「日本語として自然かどうか」まで見る人もいます。


しかし、そうでなければ、日本語に訳す必要などまったくありません。

通訳や翻訳者を目指しているわけでもない、和訳問題が出る試験を受けるわけでもないのなら、英語学習の目的は、

「読んだり、聞いたりした英語を理解できること」
「正しい英語を話せる、書けるようになること」

であり、

「綺麗な日本語に訳せるようになること」

ではないはずです。


「英語を理解する」ということなら、

「主語を原因のように訳すようにすれば自然な日本語になる」というテクニックを身に付けるなど必要ありませんし、

「ひげのせいで、彼は年上に見える」

と訳す必要はありません。


むしろ、

「英語特有の表現をそのまま理解しようとせず、日本語に訳して逃げている」

と言えます。


「もったいない」「しょうがない」の例のように、自分の母国語にない表現だったら、外国語のまま理解した方が理解度は深いのですから、

「英語を理解する」

という目標にはむしろ逆効果と言えます。

■「何が言いたいか」を理解すること

日本語に訳したりするのではなく、もっと「何が言いたいのか?」に注目すべきです。

His beard makes him look older.

は、日本語にはない表現で、理解しづらいかもしれません。

でも言いたいことを論理的に考えれば、

「his beardが原因である。その結果として、himがolderに見える」

というように、論理的に因果関係が理解でき、「何を言いたいのか」がわかるのです。


あまり日本語の字面にとらわれていると、英語学習にはマイナスになることが多いです。

それは今回の例に限りません。

日本人がよくやる間違いで、「疲れた」をI was tired.としてしまったりします日本語では「疲れた」と過去形なので、そのまま過去形にしてしまうのです。


確かに過去に疲れていた。例えば、

「一昨日は夜11時に帰宅して、疲れた」

というのなら、これは一昨日の時点で疲れていた過去の話なので、was tiredです。


しかし、

「やっと仕事終わったよ。あー、疲れた」

というのなら、疲れているのは今です。ですから、I am tired.が正しいのです。

私は日本語は母国語なので、日本語の文法はわかりません。なぜ、現在のことなのに、「疲れた」と過去形で使うのかはわかりません。

でも、英語では、今疲れているのなら、I am tired.
疲れていたのが過去なら、I was tired.

と論理的に使い分けます。


日本語訳の字面にとらわれていると、このように英語学習ではマイナスが多いのです。

そうではなく、「何が言いたいのか」に着目すべきです。

■英語の正しい読み方を身に付けるには

以上が今回のお話になります。


どうしても、日本では英語を日本語に訳して読むように習うため、日本語に訳すクセがついている方が多いのですが、それには非常に大きなマイナス面があります。

通訳・翻訳者を目指したり、和訳問題が出る試験を受けるのでなければ、日本語に訳す技術は必要ないのです。

わざわざそういう技術を身に付けるのはムダな労力を使いますし、逆に、日本語訳にとらわれるとマイナス面もあります。

それこそ、日本語訳にとらわれてムダな労力を使うのは、もったいないです。


日本語訳にとらわれるのではなく、何が言いたいかを把握するための、正しい読み方を身につけたい方は、

「英語真っすぐリーディング講座」

がオススメになります。


「去年10月TOEIC初受験は420点。本講座を受講した後、610点までUP。その後も自身で英語学習を続け、7月には760点まで伸びました!」

「本講座や英検対策のおかげもあって、英検準1級の1次試験合格しました! しかも、前回の42点に比べ一気に点数が69点まで伸びての合格です」

と嬉しいご感想をいただいている講座でして、


「日本語に訳して読んでいる」
「適当に意味をつなげて読んでいるだけ」
「読むのが遅くて…」
「長い文、複雑な文が苦手」

という方にオススメです。


ネイティヴの音声もついていますし、わからないところがあったら、制作者である私に直接メールでご質問いただけます。

詳しくは↓をご覧下さいませ。無料サンプルも公開しております。
「英語真っすぐリーディング講座」


長文最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今後とも英語学習がんばって行きましょう!



無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る