fixedImage
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

TOEICリーディングが遅い、終わらないのなら

■英語を速く読みたいもの

リーディングで、「英語を速く読む」

これは多くの人が求める能力です。

TOEICを受けたことがある方はご存知のように、TOEICのリーディングセクションはとにかく時間が足りません。

20問以上残ってしまう人も珍しくなく、全問終わる人の方が珍しいぐらいです。

現に、私がTOEIC 900を取ったときも、5問残ってしまいました。
(今では、TOEIC 990(満点)を持っています)

もちろん、その5問は適当にマークしましたが、やはり、全問解き終わることはむずかしいなと実感しました。


リーディングセクションで、時間内に終わらない。

なので、ほとんどの人は、

「自分は読むスピードが遅い。もっと速く読めるようにならなくては」

と感じるようになります。

■ただ速く読めばいいってものではない

多くの人は、その解決法として、

「とにかく一杯英文を読んで、それを速く読む。それで速く読めるようになる」
「知らない単語が減れば、速く読める。だから、単語を一杯覚えよう」

という行動に出ます。


これは正しいことで、有効な対策であります。ただ、これだけでは不十分なことも多いのです。

なぜかと言うと、簡単に言ってしまえば、

「正しい読み方を身につけていないのに、その方法でひたすら速く読もうとしても、間違った読み方になってしまう」

ということです。


英語の読み方として、多くの人は間違った読み方をしています。

まず、学校では、日本語に訳して読むように習いますが、あれは間違った読み方。

これはご存知の方も多いと思いますが、日本語と英語では語順が違うため、日本語に訳して読もうとすると、何回も同じ文を読み直すことになり、非効率的です。


これは知っている方が多く、そういう方が取るのが、

「変な日本語でもいいから、先頭から意味をつなげて読む方法」

です。


例えば、

I think that this project is going to work perfectly.

だったら、

「私はこの計画は完璧に上手く行くと思います」

と、綺麗な日本語にするのではなく、

「私は思う、この計画は上手く行く、完璧に」

というように、英語の語順で日本語にするのです。


しかし、この読み方にも問題があります。

ただ単に、意味をつなげるだけでは、構造を無視しているので、複雑な構造の文、長い文になったときに、

「単語や熟語の意味は知っているのに、文全体の意味がわからない」

ということになってしまうのです。


例えば、

The tsunami generated by the big earthquake in Chile, a thin country in South America, reached Japan without causing any damage that needed to be addressed, which made the Japanese government feel relieved.

を、先頭から意味をつなげて読む方法で、一発でバッチリ意味がわかる人はそれほど多くないはずです。


このように、多くの人が行っている読み方は間違っています。

訳し読みでは、日本語の語順で読むので、スピードが遅いですし、意味をつなげるだけでは、複雑な文、長い文が読めません。


こういった読み方で

「とにかく一杯読んでスピードを上げるんだ!」

と、がんばっても、間違った読み方なので、なかなか速くはなりません。


例えて言うなら、

「間違ったフォームでがんばって走るマラソン」

みたいなものです。


マラソンや駅伝を見ていると、

「あんな軽快な走りなのに、めちゃめちゃ速いな」

と思ってことがあると思います。


逆に、沿道で追いかけている人は、がんばって全力疾走しているのに、どんどん置いて行かれます。


間違った読み方で、ただ単に速く読もうとするのは、そういった普通の人の走り方のまま速く走ろうとするようなものなのです。

■読むには着目ポイントがある

ちゃんと英語が読める人は、正しい読み方をしており、それには、着目ポイントというのがあるというのを知っています。

例えば、

The tsunami generated by the big earthquake in Chile, a thin country in South America, reached Japan without causing any damage that needed to be addressed, which made the Japanese government feel relieved.

という英文なら、

「generatedの次に名詞が来るかどうか」

に着目しています。


名詞が来たら、
「generatedは動詞で、過去形であり、"津波が作った"という意味」

来なかったら、
「generatedは過去分詞の形容詞であり、"作られた津波"という意味」

だとわかっています。


ただ単に、意味をつなげたり、闇雲に読んでいるわけではないのです。

上記のような意識は、英語を読む能力が高いほど、「無意識に」行っています。

そのため、本人はそういうことを意識している認識はなかったりしますし、ほかの人が見たら、「ただ単にパパパパっと速く読んでいる」というように見えるかもしれません。


でも、本人は「無意識に」であれ、「意識して」であり、こういった着目ポイントを知っており、それにより、

「あぁ、こういう構造だから、こういう意味になるな」

というのがわかっています。


多くの人は、

語彙面で、

「この単語の意味を知っている」
「この熟語の意味を知っている」

ということしか意識しておらず、その認識スピードを上げることしか意識していません。


しかし、リーディングには、

語彙面での認識スピードはもちろん、構造面での認識スピードも重要なのです。


それには、構造の正しい知識を身につけ、さらには、それを使って、速く読むために必要な着目ポイントを学び、それを使った読み方で一杯英文を読んでスピードを上げる必要があります。


・一杯英文を読んで、速く読む練習をする
・語彙を身に付ける

これも重要なのですが、それに加えて、

「構造面の知識を身に付ける。正しい読み方を身につけ、それが実行できるように、速く読む練習をする」

というのも重要なのです。

■正しい読み方を身に付けるには

以上が今回のお話になります。


語彙面ばかりに注目していた方が多いかと思いますが、構造面の着目ポイントも大切ですので、こちらも意識して、しっかりと学ぶようにしてください。


構造面での知識、着目ポイントなど、正しい読み方を学びたい方は、冒頭でお話させていただいた、

「英語真っすぐリーディング講座」

がオススメになります。


「本講座や英検対策のおかげもあって、英検準1級の1次試験合格しました! しかも、前回の42点に比べ一気に点数が69点まで伸びての合格です」

と嬉しいご感想をいただいている講座でして、


「日本語に訳して読んでいる」
「適当に意味をつなげて読んでいるだけ」
「読むのが遅くて…」
「長い文、複雑な文が苦手」

という方にオススメです。


ネイティヴの音声もついていますし、わからないところがあったら、制作者である私に直接メールでご質問いただけます。

詳しくは↓をご覧下さいませ。無料サンプルも公開しております。
「英語真っすぐリーディング講座」


長文最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今後とも英語学習がんばって行きましょう!



無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る